戸建ての土地の風水

風水では戸建てを建てる時にはどんな土地がいいの?

風水では一戸建てを建てる時にはどんな土地がいいの?

よい変形、袋小路、坂の途中… こんな土地には要注意!  

 

風水では[家相より地相]、いわゆる土地のもっている気のほうが、強く影響すると考えます。

 

道路づけや敷地の形、高低差など、その土地がもっている条件がよければ、住まいも吉相になる確率が高いのです。

 

どんなに吉相の家を設計しても土地が凶相なら、家の力も及ばなくなってしまうのです。 

 

気を付けなくてはいけない土地とは

地相とは、大地からのパワーをいかにとり入れられるか、風水的に吉相の状態とは、北に山があり、西や東には小高い丘、南に川などあって開けている土地をいいます。

 

かと言って、このような条件の土地をもてる人はまずいません。

 

それ相応の環境を求めないまでも、一般に吉相といわれる土地について説明しましましょう。

 

まず土地の形ですが、2方を道路にはさまれた三角形の土地がありますが、これは避けた方がいいでしょ。

 

変形した土地はそこに宿る力も変形していますし、またその土地に合わせて建てると、建物も変形してしまいがちです。

 

三角形のほか台形、などの変形敷地も敬遠したいところです。

 

建てるのでしたら建物をなるべく四角にしましょう。 

 

袋小路にある敷地や、坂に面している敷地も、道路を通るパワーを呼び込みにくいのでマイナスです。

 

門やアプローチを広くとるなど創意工夫してしましょう。 

 

それ以外にに注意したいのは、周りの建物の角がこちらを向いているような土地です。

 

建物の角から邪気が放出される、といわれます。

 

そういった部分を遮断するように木を植えたり、建物の角向けて鏡を置いたりして、邪気をはね返しましょう。

 

T字路の突き当たりの家は、良い運気も悪い運気も直に入ってくるので、災いにあいやすくなったり、予期せぬの出費が多くなったりします。

 

道路の曲がり角の外側にある敷地も、災いや精神的不安定などに注意が必要です。

 

道路づけの、判断材料は日ざしをとり込めるかです

道路づけを意識するかたがいらっしゃいます。

 

2方向で道路と接する敷地、すなわち東南の角地は価格もやや高めですが、風水的にみて良い土地になります

 

それは日当たりがよく、玄関に太陽の日ざしが入りやすいためです。

 

エネルギーがあり、絶え間なく働ける敷地です。

 

特に現役バリバリの人はいち押しの土地です。 

 

東側に道路があると朝日が当たる時間が長く、健康運が上昇します。

 

門や玄関はできるだけ東南側につくることをおすすめします。

 

南道路の敷地は日中の太陽が当たりやすいので、東道路の場合と同じく吉です。

 

しかし、北や西側に道路がある敷地が悪いかというと、そんなことはありません。

 

北道路の敷地は交際べたになりがちですが、落ち着きの力には恵まれているのです。

 

西道路の敷地は人が集まる力があり、にぎやかな家庭をつくってくれるでしょう。

 

近くに、線路やお墓、学校があるケースは?

 

吉地のは、土地の形状や立地のほかに、周辺の状況も問題になります。

 

周りの自然環境や建物、また土地の履歴も大変重要です。

 

履歴は、誰が住んでいたのか、どのように使われていたのかということです。

 

井戸などの処理がきちんと行われているか、大木を切った根っこが放置されていないかなども確認しましょう。 

 

あとは、環境ですが、大きな幹線道路沿いの敷地には注意してください。

 

特に、安心や安定をつかさどる北、判断を意味する南に大きな道路があると、原因もなくイラついたり、気持ちが落ち着かない状態になってしまいます。

 

線路が近い土地は騒音や振動が気掛かりですが、これは慣れてしまうようです。

 

北にあると安定的な生活が送れませんが、凶相とは限りません。 

 

家の正面に電信柱がある、すぐ近くに鉄塔が立っているケースは吉凶が出やすいです。

 

しかし、東方位にあるケースは問題はありません。 

 

商店街や繁華街、学校など、にぎやかな場所が近いのはよいでしょう。

 

人がたくさん集まる場所には、龍脈が流れている可能性が大きいからです。 

 

海が近い土地もはかなりよいです。

 

川が近いケースは、川幅以上、土手から離れていれば支障ありません。 

 

墓地や神社を気にする人がいますよね、敷地が墓地や神社の東や東南、南にあると、むしろ古相です。

 

ですが、トイレや浴室などの窓をその方位に向けないようにしましょう。

 

向いているケースは盛り塩で清めてるとよいでしょう。